能年玲奈
じぇじぇじぇ
で大ブレイクの元?国民的スター能年玲奈ちゃん。

色々と訳ありで現在は干されている状態なん?

能年玲奈で検索をかけてみると、能年玲奈 引退能年玲奈 洗脳、などの文字が…。

そのあたり、少し気になったので調べてみたいと思います。

能年玲奈 あまちゃんで大ブレイクの国民的スター

能年玲奈ちゃんといえば、2013年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」がきっかけで大ブレイクした国民的スター。

能年玲奈ちゃんのセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞するほどで、世の中のあちこちで何かと言えば「じぇじぇじぇ」と言いまくっていました。

また、能年玲奈ちゃんの天然?と思わせるキャラもあって子供からお年寄りまで幅広く人気でした。

国民的スターから一転!芸能界を干されたワケ

能年玲奈

「あまちゃん」の大ブレークから国民的スターにまで上り詰めた能年玲奈ちゃん。

その割には、その後の活躍はパッとしないという感じですね?

能年玲奈ちゃんの印象は、天然?不思議ちゃん?清純?と人に嫌われる要素はない感じなので、もっともっとテレビや映画に出てきてもいいのでは?と思うのは僕だけじゃないんではないでしょうか?

能年玲奈ちゃんの「あまちゃん」以降の仕事をサクッと見てみますと、

2014年

ドラマ:1本

映画:2本

CM:6本

2015年

ドラマ:0本

映画:0本

CM:0本

て、お~い、これ干されてますやん!

なんで、こんな事になってもてん…?

ということで、調べていきますと、出ました!

事務所とのトラブル!の文字

能年玲奈の事務所とのトラブルの噂

能年玲奈
能年玲奈ちゃんが所属しているのは、レプロエンタテインメント。

能年玲奈ちゃんの他にも、長谷川京子、新垣結衣、清水富美加などのタレントさんや、多くのアスリート、文化人が所属しています。

噂によりますと、「あまちゃん」で大ブレイク中の能年玲奈ちゃんのお給料は、なんと5万円だったそうです。

その辺りがトラブルの原因なのかな?と思いきや、翌年には、夏と冬と合わせて800万のボーナスが支給され、年収にすると1000万円を超えているそうです。

それでも、能年玲奈ちゃんは不満で、「もっと、お金ちょーだい!」という事でもめていたとしたら、ちょっとイメージダウンですね。

でも、能年玲奈ちゃんはどーみても、そんな子じゃないでしょ?

他にも、噂はあります。

能年玲奈ちゃんを事務所が制御できない!

これも、マジかぁ~て話ですが、なんでも「あまちゃん」終了後、マネジャーさんに対する態度がおかしくなったそうです。

撮影現場で事務所スタッフを無視したり、あからさまに態度にだし、それを注意されると、舌打ち、時には大声でマネージャーさんを罵倒するなど、明らかに変わったそうです。

それにより、マネージャーさんが何人も変わったそうです。

よくある、若い子が売れたら勘違いするやつ?て感じなんですけど、能年玲奈ちゃんの場合、そんなかわいい話ではなく、裏で操る黒幕がいたようです。

芸能界のタブー 契約違反の末の個人事務所設立で本当に芸能界から消される?!

Sponsored Link

能年玲奈 引退とか、能年玲奈は現在は何をしているのか?とか、もうすっかり、干された感がある彼女ですが、所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約が2016年6月で切れます。

ここで、契約を更新しないと、普通は事実上、芸能界引退となります。

にも関わらず、能年玲奈ちゃんは契約を更新しないようです。

ということは引退?もう能年玲奈ちゃんは見れないの?ということになりますが、安心してください、引退はしませんよ!

え?なんで?どういうこと?てなりますが、実は彼女、レプロエンタテインメント所属時に、個人事務所を設立してしまっていたんです。

芸能界ではタブーて言われているやつです。

能年玲奈、「やっちまったなー!」です。

でもね、こんなこと、能年玲奈ちゃんのキャラ、年齢でやると思います?

やるわけないですよ…。

大人です。

金欲しさに、能年玲奈ちゃんに群がる大人のしわざですよ。

おそらく…。

案の定、名前があがっています。

能年玲奈、引退、洗脳で検索すると…。

生ごみ先生 滝沢充子。

もう正直、ウザいです。

ウザいですけど、能年玲奈ちゃんはそんな気なかって、大人にそそのかされたとしても、タブーはタブーです。

ちょっと、痛い目にあって這い上がってこなしゃあないですね~。

はじまってしまった能年玲奈潰し!

能年玲奈
6月いっぱいで事務所との契約が満了した、能年玲奈ちゃん。

彼女の主演映画「ホットロード」が7月に地上波放送されます。

6月に事務所を辞めるタレントの映画を7月に地上波放送って、「能年!独立しても頑張れ!」って意味を込めた話題作り!!てそんな甘い話ではありません。

事務所と契約が残っている6月中に、事務所が日テレと地上波放送の契約を結び、出演料は事務所だけに支払われるという形だと予想がたちます。

要は、能年玲奈ちゃんは、自分が主演をはった映画が地上波放送されるにも関わらず1円すら入ってこないということです。

まとめ

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイク、国民的スターにまで上り詰めた、能年玲奈ちゃん。

タレント、女優として、順風満帆に歩んでいくかと思いきや、事実上、干される立場に…。

事務所との契約満了と同時に、あらかじめ設立していた、個人事務所、「三毛andカリントウ」で今後、芸能界で頑張っていくわけですが、タブーを犯しているワケですから、正直、前途多難が予想されます。

まだまだ若く、可能性に満ちあふれている彼女。

いい出会いにめぐり逢い、彼女が復活することを願います。

これからの彼女の動向に注目です。